皆様には、平素よりお世話になっております。
リフォーム一括比較見積会社です。
私共はトータルリフォームに関わる一括見積紹介会社として営業して参りましたが、この度ご縁を頂きトータルリフォーム一括見積紹介専門店としてホームページを出店させて頂きました。
 リフォーム一括見積ご利用のお客様の大切な建物を雨風や様々な自然の驚異から守ってくれる非常に大切な役割を果たしています。
雨漏りの心配もなく、今後も末永 く安心して生活して頂くことの出来るよう屋根・外壁の専門家として皆様のお力になれるよう取り組んで参りますので、ご愛顧賜りますよう宜しくお願い申上げます。



無料!30秒登録!

○登録が出来たら、リフォーム計画書のご依頼できます

メモ: * は入力必須項目です



一括見積の特徴 3つの知識・選び方・費用・相場~人気1の講座~

 

知らなきゃ損する!?

外壁塗装の一括見積もりの特徴

 

分かりやすくご説明いたします



 

 

外壁塗装一括比較サイトとは

「一括見積もり」というようなものがどこの業界でも昨今多く見られます。
これはリフォーム業界も例外ではありません。
どの業者を選んでいいかわからない時に一括見積もりポータルサイトを利用すれば最適な業者をある程度の数まで絞ってくれる。
これは便利でお客様にとっても、リフォーム会社にとっても大変メリットの話です。

今回はリフォームの専門家だからこそ言える(一括見積もりのメリット)と(個人店のデメリット)についてお話しします。

一括見積・外壁塗装ラクコムとは、リフォームをしたい人が情報を登録すると、何社かの登録業者が見積もりを取りに来る、というサービスです。

それに比べて個人店・営業で回ってくる業者は、利益の追求の為に高額な見積金額を出してきます。
その理由はチラシなどの宣伝費・営業マンの人件費が関わってくるからです。

その点リフォーム一括比較ラクコムは、お客様から見積の依頼がきたら登録店を紹介するだけですので宣伝費・営業マンの経費など一切かからないので見積金額が安くなるのです。

 

一括比較サイト運営の仕組み

「登録しているのは優良業者です」との理由ですが、それは厳選な審査を経て登録しているからです。
過去にお客様とトラブルある塗装店は一切登録をお断りしているからです。

結局そこでリフォーム一括比較サイトラクコムで登録されていない塗装店は、自力で宣伝・営業マンを雇い、経費が増え高い見積になっていくわけです。
電話先の業者の技術やサービスが「優良」かどうかの審査や試験など随時おこなっております。

つまり、紹介サービスの「窓口」で、見積もりに来る業者の質に高いか一目瞭然です。

 

リフォームの一括見積サイトを利用するのに適した方はこんな方

•業者の良し悪しが分かる方、判定・判断に自信のある方
•見積りの比較の仕方が分かる方、判定・判断に自信のある方
•どの業者でも同じ仕事をすると信じ切れる方

 

一括見積を利用するメリット

●リフォーム業者で悩んでる場合、あなたの必要な情報を記入すればリフォーム店を5社程度紹介してくれる仕組みです。
●お客様側からすれば5社の中から1社のみを選ぶだけなのでかなり楽です。(一社ずつ連絡する手間がかかりません。)
•リフォーム一括比較ラクコムから複数の業者が派遣されるので、合い見積もりになってしまって悪いかな?と思う必要が無くなります。(1社としか契約できないため)
•価格を比較するので簡単に安い業者を見つけられます。(厳選な審査を通過されております)
•リフォームの見積り費用を比較したい場合
•とにかく一番安くて、質の良い業者に頼みたい場合

 

リフォーム店(登録店以外)に頼むときのデメリット(注意点)

•どんな営業マンが来るのか分からない(変な業者が来るかもしれない)
•利益追求のため、丸投げ業者かもしれない(電話が何度も掛かってきてうっとおしい)
•工事終わる前に来てもらえない事もある(最悪の場合足場がずっと立ちっぱなしもある)
•工事の質が分からない(手抜き業者を選んでしまう事も...)
•高かろう悪かろうの工事では意味がない

※弊社のリフォーム一括比較ラクコムでこの様な業者がいた場合、すぐ登録解除いたします。

 

(加盟されてないリフォーム店)宣伝広告費と人件費の存在で適正価格位で工事ができない

加盟されてない塗装店も会社です。
見積書で不当に利益を上げていけないのか?と言われたらそうではなくまったく問題はありません。
ただしこの宣伝広告費と人件費の存在でお客様は適正価格で工事が受注しづらくなっていることは事実です。

どういうことかご説明しましょう。
先ほどご説明した通り見積もりが来る前に宣伝広告費と人件費をつかっているので、結局その経費は見積書に上乗せしているので適正価格ではないのです。

何が何でも受注したくなるのが業者側の心理です。
ですから見積もりを最終的には、赤字が出ないくらいの金額をぎりぎりまで下げようとします。
そしてめでたく受注してもその提示した金額から次回の経費と儲け分をあてるわけです。

宣伝広告費と人件費を支払い、相見積に勝つために元々高めに提示した金額からさらに追加工事の見積もりで金額を持っていかれる。
これが意味するところは適正価格よりも大幅に高い金額での工事です。

そうなるとどういうことが起きるでしょう?

利益を上げるために必ず加盟されていない塗装店は無理をし始めて、インチキ工事を始める会社も出始めます。
これが加盟されていないデメリットと言えるでしょう。


お客様にとって一番納得のいく業者を選びやすい仕組みになっています

登録されてないリフォーム店のデメリットを強調して書きましたが、わざわざそういうところに頼まなくてもいいのです。
リフォーム一括見積ラクコムにある多数の登録塗装店さんに依頼して欲しい。そう思っています。
あまりこういう話は、そういうところに登録していない同業者さん(塗装屋)の邪魔になるわけですから書きづらい面もあります。
ただ、これからのご自宅のリフォーム工事を考えるとなると将来的にとっても良いことだとは思えません。
よく考えてリフォーム工事をしていきましょう



メモ: * は入力必須項目です



☆必ず行うべきリフォームの7ステップ☆

☆失敗しないリフォームの7ステップ概要☆

 

①必ず自分の希望を明確にする

リフォーム費用の予算が無限にある人でも、
リフォームで何をどうしたいかは明確にしましょう!

②まずは資金計画を立てる

リフォームの見積もりを取る前に、まずは資金計画を立てましょう!
リフォーム会社によっては、あれもこれもと素敵な提案をしてくれるので
あっという間に予算オーバーになることも。

③見積もりは必ず5社以上に依頼する

ここに依頼する!というリフォーム会社が決まっている方でも
相見積もりをとって、他のリフォーム会社と比較してみることは役に立ちます。

④見積もり先の目星をつけ、最終見積もりをしてもらう

相見積もりで得た情報をもとに、不要なところを削除したり
追加の希望を加えたりして、さらには起こり得る追加費用の確認などを行うといった
最終見積もりをしてもらうことも失敗しないリフォームのポイントです。

⑤本契約後に、リフォーム箇所の最終チェック

この部分は、決定したリフォーム会社1社に最終見積もりを依頼する時に
一緒に確認することもできます。
後は具体的なリフォーム材料とかのチェックです。
見本と実物でイメージが異なる部分もあります。(特に壁紙など)

⑥リフォーム工事開始前、リフォーム工事作業中の注意点

リフォーム中にご近所さんやリフォーム担当の業者とトラブルにならない
仲良く気持ち良くリフォームするポイントを紹介しています。

⑦完成・引渡し時の確認点

担当者がかえってから不備不具合が見つかっても
お互い面倒になってしまいます。